Information お知らせ

凸版印刷さまと障がい者就労支援で業務提携いたしました。

カフェと障がい者アート作品の発表の場が融合した、
「ART CAFÉ Inclusive supported by NESCAFÉ」を
2021年4月9日に共同でオープン。障がい者の社会参加・自立支援を推進

 

 凸版印刷株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:麿 秀晴、以下 凸版印刷)と、特定非営利活動法人インクルーシヴ・ジャパン(本部:愛媛県伊予郡松前町、理事長:松岡 邦彦、以下 インクルーシヴ・ジャパン)は、「カフェ」と「アート」を融合させた「障がい者就労支援」を共同で推進するべく、業務提携契約を締結。その共同取り組みの第一弾として、愛媛県松山市に、カフェと障がい者アート作品の創作、発表の場が融合した新施設「ART CAFÉ Inclusive supported by NESCAFÉ」を2021年4月9日(金)にオープンします。

 

提携の背景

多様な人材が個々の属性や価値観の違いを尊重し、能力を互いに高め合うことで、違いを変革の原動力に変える「ダイバーシティ&インクルージョン」の取り組みは、様々な企業や団体で推進されています。特に、近年取り組みが加速している「SDGs(持続可能な開発目標)」においても、ダイバーシティ実現は重要な目標の一つとなっており、企業活動に積極的に取り入れる動きが進んでいます。
このような中で凸版印刷とインクルーシヴ・ジャパンは、これまで両者が取り組んできた「ダイバーシティ&インクルージョン」および、障がい者の社会参加・自立支援施策の一環として、就労支援と障がい者アート作品の発表の場が融合したカフェ「ART CAFÉ Inclusive supported by NESCAFÉ」を2021年4月9日にオープンします。

 

今後の展開

凸版印刷とインクルーシヴ・ジャパンは、「ART CAFÉ Inclusive supported by NESCAFÉ」での取り組みを皮切りに、「カフェ」と「アート」が融合した障がい者就労支援を推進していきます。さらに、障がい者が創作したアート作品をデジタルアーカイブ化し、企業が展開するプロモーション活動などに幅広く活用することで、障がい者の社会参加・自立支援を行うコミュニティの開発を目指します。

 

プレスリリースはこちらから